ぽれぽれ
イベント予約

社会福祉法人松葉福祉会子育て支援

ホームビジター

ホームビジター
(家庭訪問型子育て支援のボランティアスタッフ)

ホームスタートとは、未就学児がいるご家庭に、地域の子育て経験者で研修を受けたボランティアスタッフ(ホームビジター)が訪問する「家庭訪問型子育て支援」です。保健師や保育士などの専門職による子育て支援とは違う、同じ子育て経験者ならではのフレンドリーな支え合い活動です。
家庭訪問を行うボランティアスタッフを、ホームビジターと呼びます。

ホームビジターって、何をするの?

傾聴とは、利用家族(養育者)のお話に耳と心を傾けて、否定することなく、お気持ちを受け止めながらお話しを聞くことです。
協働とは、一緒に家事をしたり、一緒に子どもと遊んだり、一緒に支援センターに出かけたりなど、利用家族と一緒に何かをすることです。

ホームビジターには誰がなれるの?

子育て経験のある方であれば、資格は入りません。
子育て経験のある、心身ともに健康な方で、ホームビジター養成講座の全日程にご参加された方が、ホームビジターとして登録され、ビジターとしての活動ができるようになります。
養成講座は年に1回行なわれます。

お金はかかるの?

養成講座の参加費は無料です。
ただし、申し訳ありませんが、無料の託児はございません。有料ですが、一時預かりはご利用できます。

養成講座ではどんなことをするの?

ホームビジター養成講座は、延べ40時間、8日間です。
ホームスタートが何の目的にどのように行われているのか、傾聴するための実技、子育て家庭の理解、ビジター活動の実際など、実践的に学びます。

家庭訪問だなんて、私にできるか不安です。

訪問家庭への支援内容を調整し、「ビジター」をサポートする役割を担っているのが「オーガナイザー」です。 当センターには4名のオーガナイザーが在籍しています。訪問の依頼があると、まずオーガナイザーが、家庭を訪問し、養育者と話をして、どんな支援が必要かを明確にし、ビジターさんに行って欲しい活動内容ををお伝えします。家庭訪問に関連したビジター自身の悩みや困りごとも、オーガナイザーがいつでも対応します。 オーガナイザーは、利用者とビジターの両方を守るためにいます。

ホームビジターの活動をもっと具体的に教えて。

ホームビジターの活動は、概ね以下のような内容です。

  • 週に1回、2時間程度、6歳未満のお子さんがいる家庭を通常1家庭につき4~6回訪問します。
  • 活動は、「傾聴(親の気持ちを受け止めながら話を聴く)」と「協働(一緒に育児家事や外出をする)」です。(ベビーシッターやヘルパーのように家事育児を代行する活動はしません。)
  • 訪問活動は無償です。(交通費は支給されます。)
  • 調整役のオーガナイザーのフルサポートを得ながら一緒に家庭を支援します。
  • 訪問家庭のプライバシー関わる情報については守秘義務を守り活動します。

具体的な活動内容は、オーガナイザーが最初にご家族と相談して調整をします。その後、担当いただくホームビジターさんに依頼し、訪問前の打合せを一緒にします。気掛かりなこと等がもしあれば、随時オーガナイザーに相談することができます。

誰かのご自宅に伺って活動するということは、誰でも不安なものです。その気持ちは、慣れ合いの支援ではなく、支援の質を保っていくために必要な気持ちでもあります。オーガナイザーが、その不安な気持ちを一緒に背負って活動しますので、まずはお問い合わせください。